EPA(エイコサペンタエン酸)の効能と健康効果

EPAは、積極的に摂りたい栄養素

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAは、イワシ、アジ、サバなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。

脂肪酸は栄養分類上、脂質に属しますが、このEPAは、マーガリンやショートニングといったトランス脂肪酸を大量に含み様々な病気のリスクを飛躍的に高めるような”体に悪いアブラ”とは全く異なり、積極的に摂取するべき”非常に体に良い=良質なオイル”です。

以前、当サイトの記事でもご紹介した、テナガエビにも多く含まれていますね。(^^)

テナガエビ 素揚げ
テナガエビは、ものすごく優れた栄養食品! テナガエビ(手長蝦、手長エビ)は、居酒屋メニューで出てくる「川エビの...

 
EPAには、悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪を下げる作用があります。

 
また、血液サラサラ効果があると言われ、血小板の凝集を抑制するだけでなく、血栓を溶解させる働きがあることから、循環器系疾患の予防につながります。

 
血管を拡張させる作用があり、高血圧の予防や血流の改善が期待できます。血行を促すので、冷え性の方の味方にもなる成分と言えます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

dha

DHA(ドコサヘキサエン酸)の効能と健康効果

アスタキサンチン

アスタキサンチンの効能と健康効果

レモン ソラレン

シミやソバカスの原因に!紫外線の感受性を高める「ソラレン」を含む果物と野菜