【マイティ農園・ジャガイモ栽培】土壌作り!

Masa

Masa
マイティ農園でジャガイモの土壌作りをします!

ナチュラルフードライフ・マイティのMasaです。

今年挑戦する野菜作り第二弾は、ジャガイモ!

今回やるのは、ジャガイモの土壌作りです♪

ジャガイモの土壌作り

Daiちゃんと「マイティ農園」で自家栽培をしていますが、今回も師匠に色々と教えてもらいながらやっていきます。

(僕らの師匠↓)

ナチュラルフードライフ・マイティのMasaです。 Daiちゃんと「マイティ農園」で農作物作りに挑戦します! これからDaiちゃん...

 
まずは畑を耕します。
ここで文明の利器、「耕耘機(こううんき)」登場♪

僕もDaiちゃんも耕耘機を使うのは初めて。。。扱いに四苦八苦しながら頑張って耕します。(^^;)

ジャガイモの土壌作り ~耕運機~

機械を使ってとは言え、操縦に力を使うため、結構体力を使うんです。
これを手で耕したらと思うと、気が遠くなります。(汗)

 
やっとこさ耕し終えました。

次に、土壌病害を防ぐ「ネマトリンエース」を撒きます。

ジャガイモ栽培の土壌作りに使う、ネマトリン

ネマトリンエースは、ジャガイモに寄生する線虫「ジャガイモシロシストセンチュウ」の発生を防止します。

【ジャガイモシロシストセンチュウとは】

  • ジャガイモに寄生する線虫で、株を弱らせて枯れさせてしまいます。卵を大量に産んで増殖し、10年ほど土に潜伏するともいわれるほど寿命が長いことが特徴です。付着したじゃがいもを食べても無害なことから、寄生されていても数年気づかれないことが多く、被害が広がってしまいます。
    出典:HORTI(ホルティ)

 
う~ん、ジャガイモの天敵なんですね。
おそるべし、ジャガイモシロシストセンチュウ!

ネマトリンエースは、環境にやさしくて、大気や水などの環境、環境生物への影響はほとんどありません。また、土壌微生物への影響もほとんどなく、各土壌改良材との併用が可能なこともあり、安心して使用できます。

ネマトリネースを撒き撒き~

 
それから、「苦土石灰(くどせっかい)」を撒きます。
苦土石灰は「ドロマイト」と呼ばれる岩石を粉状や粒状にした肥料です。

主な成分は炭酸カルシウムと酸化マグネシウムで、「苦土」はマグネシウム、「石灰」はカルシウム。

ジャガイモは、中酸性の土(PH:5.0~6.5)で良く育つと言われていますが、酸性に傾きすぎた土壌に、アルカリ性の苦土石灰を足すことで、理想の土壌に近づけるんですね。

 
全体的に撒き終えたら、今度は耕耘機で撹拌。

もうすっかり操縦にも慣れたDaiちゃん、片手運転。(笑)

 
でもって、畝(うね)を作ったら~

 
有機肥料の鶏糞を。

 
鶏糞を撒いて~

 
お次は、堆肥。

堆肥を撒いて~

 
あ。。。写真に写ってないですけど、僕も交代で作業してますからね!(笑)

 
そして、最後に米ぬかを撒きます。
袋に「砂」って書いてありますが、中身は「米ぬか」です。(笑)

 
これにてジャガイモの土壌作り、完了です♪

 
最終的に、こんな感じになりました。(^^)

師匠今回もお世話になりました!Daiちゃんお疲れさまでした!
いや~、良い汗かきました♪

おいしいジャガイモが出来る土壌になりますように!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

自家栽培トマトの収穫

【動画付き】育てたトマトの収穫♪

育てたトマトの収穫

キュウリ&ナス&ピーマンの収穫とスイカの受粉作業。

トマトの自家栽培~発芽からの成長記録~

【赤玉ねぎ栽培】赤玉ねぎの収穫

モロヘイヤ 栽培

【モロヘイヤ栽培】モロヘイヤの収穫

【ソラマメ栽培】ソラマメの収穫