第11回 富士山麓トレイルラン2017、番外編

Masa

Masa
先日出場した、富士山麓トレイルラン2017の番外編です♪

Masaです。

前回記事で、第11回 富士山麓トレイルラン2017に出場したレースの模様をお伝えしましたが、今回はレース前後の番外編をお届けします。(^^)

第11回 富士山麓トレイルラン2017、番外編

移動、前日入り

今回の大会は、遠征ということと受付けが早いため、前日入りしました。

行きに、ラン仲間さんの車でピックアップしてもらい、千葉からアクアラインを通って、河口湖まで向かいます!いや~、ありがたい♪

途中、海ほたるに立ち寄ったりしながら、のんびりと山梨県を目指します。

休日は入れないくらい大渋滞する海ほたる、平日はこんなに空いてます。(笑)

天気も良く眺めも良く、最高です。

アジが釣れるシーズンは、ちょうどこの前あたりで、僕の釣り仲間のボートでアジ釣りをしてます。(笑)

アジ釣りの時は、海上から海ほたるを眺めてますが、逆に海ほたる側から海を見るのも良いものですね♪

ラン仲間さんに、スターバックスでラテをご馳走していただきました。至れり尽くせり。。。ほんとありがたいです。(汗)

ランナー役と貴重な経験

山梨に向かう途中、とある大人気女優さんの主演映画に、ご紹介していただき、ラン友さんとともにランナー役のエキストラで参加!

ランナーだということが、直接役に立ちました。(笑)

貴重な経験をさせてもらいました♪

撮影を終え、映画の話、ランの話、音楽の話で大盛り上がりしていると、あっという間に山梨県。

キレイに富士山が見えてきました。(^^)

河口湖まで行き、夕暮れ時のキレイな富士山を拝むことが出来ました。

宿泊ホテル

宿泊ホテルは、富士クラシックホテル

実は前回も利用したホテル。大満足だったので今回リピートです♪

「食事が美味しい」との口コミが、ホテル選びの決め手でした。

客室からは、こんな富士山の眺望が拝めました♪

お風呂からも富士山がこの通り。富士を拝みながらのお風呂は最高です。


↑写真はホテルHPより(お風呂で撮影はできないため)

お部屋はとても広くて、ベッドもゆったりと大きく、洗面台も豪華で広く、全体的にとても清潔で、大満足。

富士クラシックホテルの公式HPに載っているお部屋の写真、そのままの感じです。(^^)

夜は、大浴場でゆっくり体を休め、早めの就寝。

レース前に大切な体のケア

翌日は、朝5時起床。

富士山を眺めながら長めに入浴。

しっかり脚を温めます。

そこから、僕が必ず行っている効果絶大な独自のセルフマッサージも行います。

レースを左右する朝食

朝7時ちょうど。

ホテルのレストラン一番乗りで朝食。

朝日が差し込むレストランの窓からも富士山。気持ち良すぎです。

スポーツ栄養学の観点から選ぶ食事

さてさて。朝食は、洋食と和食を選べます。

フレンチレストランですが、迷わず和食をチョイス。

これは、スポーツ栄養学の観点からみて、とても優れた栄養素をバランスよく補給できるからです。

この朝食に何を食べるかで、圧倒的にレースのパフォーマンスが変わります!

ご覧ください。このバランスの取れたメニュー。(^^)

エネルギー的にも筋肉にも最高の食事。

実際に、今回のトレイルランのレースで最高のパフォーマンスを発揮し、タイムを22分縮めることが出来ています。

レース前だからと言って炭水化物だけにしたり、炭水化物だけ多く摂ったりはしません!より効果を上げる栄養の摂り方があります。

朝食のそれぞれの栄養素や役割については、今後「マラソン大会当日の理想的な食事」という記事で詳しくご紹介したいと思います。

また、栄養面だけではなく最高に美味しいお食事でした♪

レース後は楽しいイベントが盛りだくさん

レースの模様や結果は、前回記事でご紹介しました。

富士山麓トレイルラン2017 スタート地点の様子
Masaです。 先日、9月30日に開催されたトレイルランニング大会、第11回 富士山麓トレイルラン2017、ロングコース18km部...

レース後にいただけるご馳走

ゴール後、河口湖の畔に設営されたイベント会場に戻ると、ミネステローネとフォッカチオが無料でいただけます♪

 

ミネステローネは、本大会で参加賞としてもらえるオリジナルマグカップでいただきます。

富士山麓トレイルラン 参加賞 マグカップ

このマグカップ、富士山麓トレイルランのオリジナルで、毎回違ったデザインになっています。

昨年いただいた10回記念のマグカップも大事に使っていますが、こういった他では手に入らないオリジナルグッズ、個人的に大好きです。(笑)

マラソン、トレランに限りませんが、運動をした直後の食べ物のお話を少し。

スポーツ栄養学的にみると、運動した直後の糖質補給は、筋肉の修復にとても役立ちます。大会などで体を酷使した後は特にです。

ここでのポイントは、筋肉の回復と成長には、たんぱく質だけではなく炭水化物も重要だと言うことです。

これは、競技パフォーマンスの向上にも大いに役立ちます。

卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手、そして、箱根駅伝3連覇を果たした青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーとして活躍している、中野ジェームズ修一さんも、こう述べています。

青山学院大学陸上部のトレーナー 中野ジェームズ修一さん談

「一般ランナーの方も、レースに向けて高強度の練習をした時には、できるだけ早く、できれば30分以内に高糖質の食事をしたほうがいいでしょう。2時間後に摂取するよりもグリコーゲン貯蔵レベルが高くなることがよく知られていますから。」

出典:日経ビジネスオンライン

グリコーゲンとは、筋肉の主な構成物質となるブドウ糖と水分が結びついたもの。その筋肉にあるグリコーゲンから、ブドウ糖をエネルギーとして使います。

貯蔵量が増えるということは、必要な時にエネルギーがしっかりと供給できるので、運動パフォーマンスが上がると言うわけです。

青山学院大学陸上部のトレーナー 中野ジェームズ修一さん談

走ると、筋肉では「筋グリコーゲン」というものが使われます。筋グリコーゲンは、わかりやすくいうと「ガソリン」です。

レースで力を使い果たすと、ガソリンが全部無くなってしまいますよね。さらにレースの時は、緊張などでもグリコーゲンは意外にも沢山使われてしまいます。そうなると必要以上に消耗してしまうため、「ガソリンタンクの大きさ」が勝負になってくるんです。

そして、ガソリンタンクの大きさを大きくする方法がひとつだけあります。それは〝枯渇〟させること。何かの要素を枯渇させる、完全に無くなった状態を作ってあげると、身体が自動的に蓄えようとする働きが起こります。

ガソリンタンクのグリコーゲンを枯渇させた状態にさせると、身体は早く糖質が入ってこないかなと待っているんです。その状態の時に糖質を入れてあげると、一気に吸収されるわけです。

そうすると、この人は「極限までタンクを減らす人」だと身体が認識し、タンクを大きくしようとする。結果的にガソリンの貯蔵量が増えるわけです。

だからハードな練習後やレース後は1秒でもすぐに糖質を取ることをオススメします。これは日常的な練習の中で行うことが大切なのです。

出典:RuntripMagazine

 

そんな、ありがたい栄養を美味しく摂らせていただきました。(^^)

土のついた頑張った脚を開放してあげます。

ライブイベント

ミネステローネを片手にフォッカチオをほうばりながら、富士山麓トレイルラン名物となっている、ライブを観ます。

主催者の福田六花(ふくだりっか)さんがヴォーカルのバンドライブです。

福田六花さんは、ドクターでありながら、ミュージシャンでもあり、マラソン、駅伝、トライアスロン、アドベンチャーレースなどもこなすアスリートでもあります。

いまや、世界的に有名なトレイルランの最高峰レースである、ウルトラトレイル・マウントフジ、通称「UTMF」のプロデュースにも関わっている方です。

ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)とは

トレイルランニングのウルトラマラソンレース。総距離はおよそ100マイル≒160km。累積標高差は、約9500m。制限時間は46時間。 2014年大会よりウルトラトレイル・ワールドツアーの1つとなっている。

 

ギターは、全盛期「レベッカ」の元ギタリスト、木暮シャケさん。

いまはパパタレントとして活躍してますが、ダイアモンド☆ユカイさんがヴォーカルを務めたバンド「レッド・ウォーリアーズ」のギタリストでもあります。

実は、女優・杉咲花さんのお父さんでもあります。(^^)

この後、木暮シャケさんと一緒に記念撮影していただきました♪

さらに、トレイルラン界の有名人であり、大会ゲストランナーの岩佐比登美(いわさひとみ)さん(旧姓:小川比登美さん)ともお話させてもらったり、またまた記念撮影も♪

岩佐さんは、トレランで世界3位になったこともある偉大なランナー!

ローカルな大会だからというのもありますが、アットホームな雰囲気満点な大会なので、こんなスゴイ方との直接交流もできちゃうんですね~(^^)

豪華賞品争奪ジャンケン大会

その後は、ノースフェイス製品やホテル宿泊券など、豪華賞品がもらえる、「大ジャンケン大会」も開催されます。

これは、会場全体が大盛り上がり。

僕は惜しくも直前で逃しましたが、ラン友さんが良い商品をゲットしていました。(^^)

アフターパーティーが素晴らしい

その後は、アフターパーティーに参加。

会場は、レストラン・イエスタディの前。

ここでもまた、福田六花さんのアコースティックライブやトークショーで楽しませてくれます。(^^)

福田六花さんと岩佐比登美さんのトークショーは、とっても面白かったです。

特に岩佐さんの、トップアスリートならではの練習方法や、超人的とも言える努力のお話など、非常に感銘を受けました。

練習で、2日間に170km走っていたとか。。。(驚)

超一流の人は、想像もできないくらい圧倒的にやってる。というところが、個人的にものすごい刺激となりました。

僕なりに日々頑張っているつもりでいたのですが、全然たりねーな。。。と。(^^;)

なにごとも、一流たる人は、徹底的にやり、普通では考えられないような努力をしているんだというお話を直接聴けて本当に良かったです。

さて、このアフターパーティー。

エントリー時にアフターパーティー参加費として1000円を払っておけば、なんと、BBQ形式で焼いたお肉や山梨名物「ほうとう」など、食べ放題でいただけます♪(当日の受付けもやっていました。)

昨年も参加しましたが、これはスゴイ!
メチャクチャお得感があります。

疲労した体の回復に効果テキメンの肉野菜炒めが食べ放題。ミネステローネも飲み放題です。

炭水化物も、ご飯に、フォッカチオに、やきそばに、ほうとうに、と揃っています。

とにかく、鉄板で焼いてくれるお肉が美味しい。。。

たくさん、おかわりさせてもらいました。

コーラやお茶も、もらえます。

レースで頑張った後くらい、コーラをガブ飲みしてもオッケーでしょう。(笑)

トレランで消費した分、お腹いっぱい存分に食べました♪

夕暮れ時のキレイな河口湖を眺めながら、帰路に着きました。

今回もまた、良い経験と成長をさせていただきました!

あらゆることに感謝。。。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

つくばマラソン 2018年 スタート

つくばマラソン2018完走! ~今までで一番ハードなフルマラソン~

きょなんヒルズマラソン2017年ハーフの部、完走レポ。記録更新♪

富士山麓トレイルラン2017 スタート地点の様子

第11回 富士山麓トレイルラン2017、完走しました♪

ちばアクアラインマラソン2018完走! ~フルマラソン初出場者の伴走→ペースアッ...

高滝湖マラソン

第44回 高滝湖マラソン2018、ハーフマラソンの部でPB達成!

第9回 房総丘陵・養老渓谷トレイル2017、完走しました♪